大いなる力を自分に呼び込むために

いつもありがとうございます。

「和の成功法則」「ザ・ライフチェンジ」
「エンペラー・コード」プロジェクトチームの平井です。

この度の台風19号によって被災された皆様に、
謹んでお見舞い申し上げます。

被災された皆様の生活が
一日も早く平穏に復することを
心よりお祈り申し上げます。

ご連絡が久しぶりになりましたが、
いかがお過ごしでしょうか。

今年もあと残すところ3ヶ月を切りました。

少し早いですが、
来年に向けて、今年の振り返りや
目標を考え始めている方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

そこでぜひ、考えていただきたいのは、
今描いている目標などをさらに大きくしていただきたい、
ということです。

本日ご紹介する
大野さんのコラム

「大いなる力を自分に呼び込むために」

をご覧いただければ、
ご自身の今の枠を超えた
願望や目標を実現するヒントを
得られるでしょう。

本日のコラムも
ぜひご覧くださいませ。

大いなる力を自分に呼び込むために

——–

通常、ある力を出すためには、
何らかの動機付けが必要です。

それを欲望といってもいいですし、
ある種の願望と表現することもできます。

何の動機もなければ、
力も発動しません。

これは当たり前です。

ですから、力が出ないとか、
力を感じられないという時は、
たいていこの動機付けが不足しているわけです。

ここまでよろしいでしょうか。

ですから、
決して力がないとか出ないのではなく、
出すべき理由がないということです。

その際は無理に動機を探す必要はありません。

なぜなら、探さなくとも
心の奥底から自然に湧いてくるものが、
それだからです。

—–

ところが、
それが湧いてきても
力を十分に発揮できる場合と、
そうでない場合があります。

はい。それは、
欲望の階層ともいえるものに関係します。

つまり、
欲望には大きく分けて二種類あるわけです。

一つは「私」の欲望、
もう一つは「公」の欲望です。

「私」のために何かをしようとすると、
そこに働くのは「私」レベルのエネルギーとなります。

たとえば、
お金持ちになりたいとか、
何かを所有したいとか、

あるいは、
地位や名声を得たいとか、
いろいろあります。

けれども、どんなに立派なことを言っても、
これらは自分のための欲望にすぎません。

言うなれば、
そこには個のレベルのエネルギーしか動かず、
そこに加勢、もしくは応援の力は働きません。

うまくいくとすれば、
何かを犠牲にするケースでしょうか。

人からお金を奪ったり、
家族や周囲の人たちのエネルギーを
喰い物にするケースです。

———-

一方でこんな例があります。

よくスポーツ選手やアスリートが、
「みんなのおかげで勝てました」というケース。

———-

ここで何か見えてくるものがないでしょうか。

そう。

人間は自分のためでなく、
多くの人のために何かをしようとすると、
とてつもない力を出すことができるということです。

それは完全に個のレベルを超えている
といっていいでしょう。

何もそれはスポーツとか、
一般の競技に限ったことではありません。

事業や研究の分野でも
同じことがいえます。

もっというと、何でもそうだ、と。

ということは、
視点を「私」から「公」に移せば、
誰にでもそんな力が出せると考えられないでしょうか。

元々日本人はそのようにして
力を発揮してきた民族でした。

家族のために、
村のために、国のために、
というように。

———-

日本人が最も力を発揮するのは、
集団戦だといわれます。

あのチームワークのよさは、
日本人特有といいますが、
なかなか諸外国では見られません。

では集団であることのメリットはどこにあるでしょうか。

それが、
一人一人の力を何倍にも増幅できるということに
あるのです。

ましてやその背景に、
国のためにという思いがあったら尚更です。

無理強いする気はありませんが、
「自分の力ってこんなものか」と思う方には、
一度「公」の目標を持たれることをお勧めします。

別に国家的事業に取り組むとか、
そんな大それた話ではありません。

そのような気概を持って日々を生きること。

あるいは祈りでも構いません。

そんなところから、
これまで思ってもみなかった力の存在を
感じるかもしれません。

すると、
そのうち自分の内と外が一体のものとして
感じられるようになります。

———-

本日のコラムも、
目の覚めるような内容だったのではないでしょうか。

視点を高く持ち、
日々の小さなことも大切にする。

私も気概は大きく持ちながらも、
自分のできる範囲のことから始めようと思いました。

本日も最後までご覧いただき、
ありがとうございました。

今回のコラムが
何かの気づきになれば幸いです。

引き続き、
「和の成功法則」「ライフチェンジ」
「エンペラー・コード」を
どうぞよろしくお願いいたします。

「和の成功法則」「ライフチェンジ」
「エンペラー・コード」
プロジェクトチーム 平井

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-3-29

    言霊は誰にも破れない

    こんにちは。 「和の成功法則」 「ザ・ライフチェンジ」 事務局の吉村かおりです。 …
  2. 2018-7-24

    使命を見つけるには?

    いつもありがとうございます。 「和の成功法則」「ライフチェンジ」事務局の平井です。 2018…
  3. 2018-7-3

    永遠の友を持つ

    いつもありがとうございます。 「和の成功法則」「ライフチェンジ」事務局の平井です。 九州地方…
  4. 2018-6-19

    結果を先につくれ!

    いつもありがとうございます。 「和の成功法則」「ライフチェンジ」事務局の平井です。 梅雨の中…
  5. 2018-6-12

    スピードは神である

    いつもありがとうございます。 「和の成功法則」「ライフチェンジ」事務局です。 先日、七沢研究…
  6. 2018-6-6

    人は不安定を受け入れることで安定する

    いつもありがとうございます。 「和の成功法則」「ライフチェンジ」事務局です。 九州、四国に続…
  7. 2018-5-29

    成功するには?→「脳」を鍛える

    いつもありがとうございます。 「和の成功法則」「ライフチェンジ」事務局です。 5月も最後週と…

オススメ記事

  1. 2020-1-16

    「あり方」の次は「やり方」

    いつもありがとうございます。 「和の成功法則」「ザ・ライフチェンジ」 「エンペラー・コード」…
  2. 2020-1-7

    言霊はこうして発現する【続き】

    いつもありがとうございます。 「和の成功法則」「ザ・ライフチェンジ」 「エンペラー・コード」…
  3. 2020-1-2

    言霊はこうして発現する

    いつもありがとうございます。 「和の成功法則」「ザ・ライフチェンジ」 「エンペラー・コード」…
  4. 2019-12-25

    祓いから言霊へ

    いつもありがとうございます。 「和の成功法則」「ザ・ライフチェンジ」 「エンペラー・コード」…
  5. 2019-12-20

    当たり前の中に真実がある

    いつもありがとうございます。 「和の成功法則」「ザ・ライフチェンジ」 「エンペラー・コード」…
  6. 2019-12-12

    徹底的に自分を切り刻みいち早く悟る

    いつもありがとうございます。 「和の成功法則」「ザ・ライフチェンジ」 「エンペラー・コード」…
  7. 2019-12-4

    理屈を超えた世界

    いつもありがとうございます。 「和の成功法則」「ザ・ライフチェンジ」 「エンペラー・コード」…
  8. 2019-11-27

    笑いは祓い

    いつもありがとうございます。 「和の成功法則」「ザ・ライフチェンジ」 「エンペラー・コー…
  9. 2019-11-21

    最後に栄光を掴むのは誰?

    いつもありがとうございます。 「和の成功法則」「ザ・ライフチェンジ」 「エンペラー・コー…
  10. 2019-11-13

    情報場で自分を変える

    いつもありがとうございます。 「和の成功法則」「ザ・ライフチェンジ」 「エンペラー・コー…
ページ上部へ戻る